三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 26人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 8月の出来事
諸葛亮が五丈原で病死

後漢伝


牛輔 ぎゅうほ

姓名牛輔
---
生没年生没年不詳
所属後漢
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評董卓の娘婿として重用され、部下に裏切られて殺された人物
主な関連人物 董卓 
関連年表 189年 中郎将となる

略歴

牛輔といい、字も出身地も不明である。

董卓が中央で権力を掌握すると、女婿ということで重用され、中郎将に任じられた。

190年2月、董卓が長安へ遷都したとき、牛輔は陝に駐屯して東方に備えた。この時に李傕・郭汜・張済らが牛輔の指揮下に加わった。

192年、牛輔は、校尉李傕・郭汜・張済ら歩騎数万を率いて、河南尹の朱儁を中牟で撃破した。勢いに乗って彼らは陳留・潁川諸郡に進み、「軍が通り過ぎた後に生き残った人はいない」言われる程の殺戮を行なった。

同年4月、王允と呂布は董卓謀殺に成功し、呂布は詔命によって李粛に牛輔を討たせた。しかし李粛は牛輔に敗れ弘農に奔り、起こった呂布に誅殺された。

ある夜、牛輔は兵士の中で、叛乱を起こして逃亡する者がでた。牛輔は驚愕のあまり、兵士全員の叛乱だと勘違いした。急いで金宝を手にし、以前から厚遇してきた攴胡赤児ら五、六人とともに城壁を乗り越え、黄河を渡って逃走しようとした。

牛輔は部下の攴胡赤児らに急いで家宝全てを与え、自分は二十余枚の延金と大きな真珠の首飾りを携えた。攴胡赤児は牛輔に「城北にはすでに馬を用意してあります。これで逃げましょう」と言い、彼の腰の縄を結わえて城壁から下ろした。そして地上に達する前に縄を放すと、牛輔は腰を打って動けなかった。

攴胡赤児らは牛輔を殺して金宝を奪い、彼の首を長安の王允・呂布の許に送った。享年不明。


評価

牛輔は早とちりで逃げ出そうとしながら、欲だけは忘れなかったのが仇となり、飼犬に手を噛まれるどころか、首まで奪われてしまった。

牛輔は董卓が殺されてからは、神経虚弱気味だったようである。王沈の『魏書』によると、牛輔は怯えて仕事も手につかず、不安に駆られていたたまれない様子だった。常に兵符を握りしめ、傍らに処刑台を置いて、自分を力付ようとしていた。客が訪れると、まず人相見に叛逆の気配の有無を占わせ、また筮竹を使って吉凶を占ってから、やっと会見したという。


演義

『三国志演義』でも登場するが、上記の人物像については触れていない。李粛を破った後に呂布の攻撃で大敗したため、李傕らを見捨て逃げ出そうとしたが、胡赤児(正史の攴胡赤児)に裏切られ殺されている。