三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 30人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 7月の出来事
イナゴの大災害が起こる

後漢伝


何顒 伯求かぎょう はくきゅう

姓名何顒
伯求
生没年生没年不詳
所属後漢
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評曹操をはやくから認めて、荀彧を「王佐の才」と評した人物
主な関連人物 董卓 袁紹 陶丘洪 
関連年表 184年 北軍中候となる
189年 議郎となる

略歴

何顒は字を伯求といい、南陽郡襄邑の人である。

若いころ、郭泰・賈彪らと洛陽に遊学し、太学で名を挙げた。これによって朝廷の名臣である太傅の陳蕃・司隷校尉のの李膺らは、皆何顒と深くつきあった。党錮の事件が起きた時、何顒の名もその中に在った。

何顒は姓名を変えて汝南あたりに身を隠し、所在の豪傑たちと交わりを結んだ。その間に何顒は曹操の力量を認め、また荀彧に王佐の才あることを知った。袁紹は何顒の為人を慕い、二人は奔走の友となった。

当時、天下の士大夫の多くは党錮に遭っていた。そこで何顒は毎年二、三回、ひそかに洛陽に侵入して袁紹と計画を練り、窮迫していた人々を救い出した。袁術もまた豪侠の士としての名を袁紹と競っていたが、何顒は袁術の許に出入りせず、袁術は深くこれを恨んでいた。

袁術は大勢の人々の席上で何顒の三つの罪を教えてあげた。「王徳彌は識見ある大先輩で名も徳も高いのに、伯求はこれを疎略にしている、これが第一の罪だ。許子遠は悪辣淫蕩の人で、性格も行いも不純なのに、これに親しんでいるのが第二の罪。共に学んだ郭泰・賈彪が財産や生業もなく貧乏窶れしているのに、伯求は肥馬に騎り、軽やかな裘を着てきらびやかに装って道を行く、じれが第三の罪である。」

これに対して、魯国の孔融・陳留の辺譲と並んで俊秀ぶりを謳われた陶丘洪はこう言った。

「王徳彌は大賢とは言われても、世を済う才能に缺けている。許子遠は不純ではあるが、身を厭わないで危難に赴く。伯求は善人を挙げれば徳彌を筆頭にし、危難を済う人を挙げれば子遠を一番にしている。その昔、伯求は虞偉高のために自ら刃を揮って仇を討ち、義名を轟かせた。仇の家は巨万の富を重ね、四百頭の駿馬を持っていた。もしも伯求が痩牛や駑馬に乗って道路に倒れたならば、みすみす胸を披いて刺してくれ、と言うのと同じ事になる」

しかし袁術の気持ちはなお平らかでなかった。後に南陽の宗承と宮門の下で会った時、袁術は怒って「何伯求は生まれつき悪い奴だ。私はあいつを殺さねばならぬ」と言った。宗承は「何君は英俊の士だ。足下は彼を厚遇して、令名を天下に知らしめよ」と忠告した。袁術はしぶしぶこれに従った。

184年、黄巾の乱が起こり、党人が彼らと結託するのを恐れた政府は、皇甫嵩らの意見を用いて党錮を解除した。何顒は司空の府にめされた。

三公の府の会議が開かれる度に、何顒は他の人々には到底及びもつかない優れた計策をを開陳した。やがて北軍中候に遷った。

189年、霊帝が崩御すると、何太后の兄の何進が実権を握り、海内の名士二十余人を微しだした。荀攸は黄門侍郎、そして何顒を鄭泰とともに議郎に、伍瓊は越騎校尉にそれぞれ任じられた。しかし8月、宦官誅滅を図った何進は彼に殺された。

これより先、何進に呼び寄せられていた董卓が入洛すると、9月、彼は少帝を廃して劉協を帝位に即け、自ら相国となって暴逆の限りを尽くした。

董卓が権力を握ると長史となった。しかし『後漢書』によると、何顒は長史になれと迫られたが、病気を口実に就任しなかった。

190年、関東の諸侯が董卓討伐の兵を挙げると、董卓は献帝を長安に遷し、191年には自分も孫堅の鋭鋒を避けて長安に遁走した。荀攸・何顒は捕らえられて投獄された。何顒は憂懼して自殺した。享年不明。


評価

何顒の名は『魏書』武帝記の初めに登場する。彼は梁国の橋玄・汝南の王儁とともに、早くから曹操の人物を認めていた事で知られている。しかし、その伝は『魏書』にはなく、荀攸伝に引く張璠の『漢紀』と、編者不明の『漢末名士録』に、ややまとまった記載がある。

党錮を受けた党人の一人として、後漢書党錮列伝に立伝されている。

荀彧は、後に尚書令となってから、長安へ人をやって叔父荀爽の遺体を引き取り、同時に何顒の遺体も荀爽の塚の傍に葬ったという。