三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 33人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 5月の出来事
諸葛恪が一世一代の失態

後漢伝


徐栄 じょえい

姓名徐栄
---
生没年? - 192年
所属後漢
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評曹操、孫堅を破って活躍した董卓配下の武人
主な関連人物 董卓 王允 胡軫 
関連年表 不明

略歴

徐栄といい、幽州玄菟郡の人である。

董卓の配下となり中郎将となった。

董卓は、名士を優遇して任用したとき、徐栄は、冀州刺史を追われた公孫度を遼東太守に推挙した。

190年、董卓征討の義勇軍が起こると、徐栄は李蒙とともに豫州へ向かった。滎陽県汴水で曹操、鮑信軍と遭遇したため、これを撃破し衛茲、鮑韜らを討ち取った。曹操の軍勢がしぶとく抵抗したので、容易ではないと判断して軍を引き返した。

191年、梁県で孫堅と遭遇するとこれを撃ち破り、頴川太守の李旻を生け捕って煮殺した。

192年、呂布と王允、子孫端らが共謀して董卓を殺害した。その後、徐栄は胡軫とともに王允に従った。

李傕、郭汜が長安に攻め込んだとき、徐栄は胡軫とこれに迎撃して新豊で交戦したが、敗れて戦死した。


評価

徐栄は、反董卓義勇軍を相手にして最も善戦し、戦果を残した人物である。


演義

『三国志演義』では滎陽太守として登場する。正史では滎陽太守という地位自体が存在しない。董卓の長安遷都の際に追撃してきた曹操軍を撃ち破るものの、夏侯惇に槍で突き殺されている。