三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 25人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 7月の出来事
関羽の千里行

エンターテイメント


三國志シリーズの最新作「三國志13」

コーエーテクモゲームスは(2015年5月19日)、「三國志」シリーズ30周年記念発表会を開催し、三國志シリーズ最新作となる「三國志13」(PC / PS4 / PS3)を発表した。発売日は2015年12月10日。価格はPC版が9800円、PS4/PS3版が8800円(すべて税別)となる。本作のプロデューサーは鈴木亮浩氏が担当する。

発表会の主催者を代表して登壇したコーエーテクモゲームス 代表取締役社長 鯉沼久史氏は、まず2013年に行われた同社の「信長の野望」シリーズ30周年事業が成功したことを振り返り、今回も「IPの創造と展開」というグループ経営方針のもと、大きく盛り上げていきたいと意気込みを語った。

また「三國志」シリーズ ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏は、こうして30周年を迎えられたのは、ファンをはじめとする周囲の支援があったからこそと感謝を述べ、今後1年間、イベントやタイアップなどを展開していくとした。

続いて、初代「三國志」の発売日を記念し、毎年12月10日が、日本記念日協会によって「歴史シミュレーション『三國志』の日」に認定されたことが紹介され、さらに、現在までに展開が決まっている「三國志」シリーズ30周年記念事業が発表された。

そして「三國志」シリーズ最新作として「三國志13」が発表された。プロデューサーは、「真・三國無双」シリーズを長らく手がけてきたコーエーテクモゲームスの鈴木亮浩氏。発表に合わせて公開されたメインビジュアルを手がけたのは「信長の野望・創造」と同じくイラストレーターの内田パブロ氏で、プロデュースは襟川恵子氏とのこと。

ゲームのキャッチコピーは、「これぞ三国志。百花繚乱の英傑劇」というもの。鈴木氏は、三国志の魅力を「あまたの英傑達が織りなす人間ドラマ」とし、ゲーム中でもしっかり表現していきたいと語った。

さらに鈴木氏は「手前味噌ですが」と前置きしつつ、世の中に数ある三国志ゲームの元祖はコーエーテクモゲームスの「三國志」シリーズであるとして、今後も未来永劫、三国志ゲームのスタンダードでありたいという思いから、このキャッチコピーに決めたと説明していた。

また氏は,本作のキーワードとして,「人間ドラマ」「スペクタクル」「ダイナミズム」の3つを挙げた。

まず人間ドラマは、前作および前々作とは異なり、プレイヤーが武将としてプレイできることを指している。さらにゲーム中では登場する武将が今まで以上に個性的に描かれ、彼らとの絆によって関係性やゲームの展開が変わる部分もふんだんに用意されているとのこと。加えて「英傑伝モード」も用意されており、三国志の世界観をゼロから楽しむこともできるという。

次のスペクタクルは、前作の野戦に加えて水上戦や攻城戦を楽しめることを指す。また火計などの計略にも演出を含めて力を入れており、三国志らしい迫力ある戦闘を楽しめるとのことである。

そしてダイナミズムは、中国大陸全土を3Dグラフィックスの1枚マップで描いていることを指す。鈴木氏によると、俯瞰の状態から、1都市の内部に至るまでシームレスにズームイン/アウトすることが可能で、非常に臨場感が高いという。
また武将の画像は息遣いが感じられるような表現や、戦闘と内政とで異なった雰囲気となるようなチャレンジにも取り組んでいるとのことである。

気になる発売日は、2015年12月10日。通常パッケージに加えて「TRESURE BOX」と「GAMECITY限定セット」が用意される。それぞれTRESURE BOXのPC版が1万4800円、PS4/PS3版が1万3800円、「GAMECITY限定セット」のPC版が6万9800円、PS4/PS3版が6万8800円(いずれも税別)となる。
このほか一騎打ちや舌戦といったゲーム内の要素を含め、詳細は発売日に向けて順次発表されていくとのこと。

転載元:4gamer.net
http://www.4gamer.net/games/302/G030244/20150519072/

公式サイト
https://www.gamecity.ne.jp/sangokushi13/
GAMECITY
https://www.gamecity.ne.jp/shop/campaign/2015/05/san30th/