三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 33人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 5月の出来事
諸葛恪が一世一代の失態

魏伝


牛金 ぎゅうきん

姓名牛金
---
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評若い頃から常に第一線で戦場を駆け活躍した将軍
主な関連人物 曹仁 司馬懿 
関連年表 208年 南郡・江陵の戦い
235年 後将軍に任じられる
239年 公孫淵征討

略歴

牛金といい、出生も字も不明である。

208年、周瑜が軍を率いて六千余人が江陵に攻め込んできた。牛金は僅か三百余人でこれを迎撃し、奮戦したが、後一歩で危うく討たれるところであった。しかし、牛金の身を案じた曹仁が救援に駆け付けたため、危機を乗り越えた。

235年、国境を越えて蜀漢の馬岱が攻めてやってきた。曹叡は勅命を与えて牛金を派遣し、馬岱に千人余りの犠牲者を出させ撤退に追い込んだ。

239年、公孫淵が反旗を翻すと、司馬懿に従軍して転戦し、公孫淵を撃ち破った。


評価

歴戦の武将として後将軍まで位にのぼったが、詳細はほとんど不明であり自伝がない。曹仁伝や普書司馬宣王(司馬懿)伝にその名前が登場する。


見解

後に司馬懿によって毒殺されたといわれる。玄石図という石の表面に「馬の後を継ぐのは牛である」という言葉が浮かび上がっていた。そのため司馬懿は牛氏(牛金のこと)を深く恨み、毒が入った酒を牛金に飲ませて殺した、というのである。また、司馬懿の曾孫司馬覲の妃の夏侯光姫(字は銅環)は、小役人の牛氏と密通して、東晋の初代皇帝になる司馬睿を生んだ、という話が『晋書』「元帝本紀」にある。 なお、この晋書より先に、『魏書』(北魏書)の僭晋司馬睿伝に、「司馬睿は夏侯光姫と晋将牛金が姦通して生まれた子である」と記録されているが、これは時代が合致しない。

牛金が司馬懿に毒殺されたことも、東晋の元帝が牛氏の血筋を引いていることも確証はないので、真偽の程は不明である。