三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 44人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 8月の出来事
諸葛亮が五丈原で病死

魏伝


張繍 ちょうしゅう

姓名張繍
---
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号定候
伝評曹操を負かして名を挙げ、降伏して勇猛さを愛された人物
主な関連人物 曹操 賈詡 
関連年表 194年 建忠将軍となる
200年 破羌将軍となる

略歴

張繍といい、武威郡祖厲県の人である。驃騎将軍張済の族子で、子は張泉らがいる。

辺章と韓遂が涼州で乱を起こしたとき、金城の麴勝は祖厲の県長劉雋を襲撃し殺害した。張繍は県吏であったが、隙を狙って麴勝を暗殺したため、郡中の人はその行為を義にかなったものとして評価した。かくて、若者を招き集めて村内の顔役となったのである。

董卓が敗北すると、張済は李傕らといっしょになって呂布を攻撃し、董卓の仇をうった。

張繍は張済につき従い、軍功によってだんだん昇進し建忠将軍の位まで登り、宣威侯にとりたてられた。張済は弘農に駐屯していたが、士卒の食料が欠乏したため、南下して穰を攻撃したとき、流れ矢にあたって死亡した。張繍はその軍勢を配下に収め、宛に駐屯し、劉表と合流した。

曹操が南征し、淯水に陣を置いたとき、張繍らは軍勢をひきつれて降伏したが、曹操が張済の妻が側妾にしたため、張繍は怨恨を抱いた。曹操は、張繍が不快がっていることを聞き知ると、ひそかに張繍殺害の計画を立てたが、計画が事前に洩れたため、張繍は曹操を急襲した。

張繍は、賈詡の計略を採用し、軍隊を異動させ、大道へ向いたいから、曹操の陣営の中を通過させてほしいと願い出た。張繍はまた、「車が少ないのに輜重が重いので、どうか兵士たちにめいめい鎧をつけることをお許しください」といった。曹操は張繍を信用して、すべて承諾を与えた。張繍はそこで兵士たちに完全武装させて陣営の中に入り、曹操を急襲した。曹操は備えをしていなかったために、敗北を喫したのであった。

曹操の軍勢は敗北を喫し、典韋、曹安民、曹昂ら二人の息子などが戦死した。

張繍は引き返して穰を保持した。 曹操は毎年これを攻撃したが、打ち破ることができなかった。

曹操が袁紹と官渡で対峙していたとき、張繍は賈詡の計に従って、ふたたび軍勢をひきつれて降伏した。張繍が到着すると、曹操はその手をよろこび、歓迎の宴会をもよおし、張繍は力戦奮闘して手柄を立てたため、破羌将軍に昇進した。

お供をして、南皮にいる袁譚を撃破したためまたも加増され、領邑は合計二千戸となった。この当時、天下の戸数・人口は減少し、わずか十分の一にまでなっており、諸将のうちには領邑一千戸に満たない者もあったのに対して、張繍の領邑は特別多かった。

柳城の烏丸征伐につき従ったが、途中で逝去し、定候とおくりなされた。


逸話

『博子』にいう。張繍が親近していた者のうち胡車児という者がおり、その武勇は、張繍軍第一だった。太祖は彼の勇猛さを愛して、手ずから黄金を与えた。張繍はその話を聞いて、太祖が側近の者を使って彼を刺殺させようとしているのではないかと疑い、その結果謀叛したのだった。

『魏略』にいう。五官将曹丕はたびたびものを頼みにきたため、腹を立てていった、「君は私の兄を殺したくせに、どうして平気な顔をして人に会えるのだ。」張繍は内心不安を感じ、そこで自殺したのである。


演義

『三国志演義』にも登場し、ほぼ正史通りの活躍を演じているが、曹操に降伏した後は登場しない。