三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 17人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 5月の出来事
曹操が魏王となる

後漢伝


宋謙 そうけん

姓名宋謙
---
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評重要な戦場で活躍しながら、正史に伝がない武人
主な関連人物 孫権 孫策 
関連年表 195年 江東征伐
215年 合肥の戦い
222年 夷陵の戦い

略歴

宋謙といい、出生も字も不明である。

195年、孫策の江東征伐につき従い、劉繇を攻めた。太史慈が孫策に一騎討ちを挑んだ際に孫策につき従っていた13人の騎兵の一人として並んでいた。

215年、孫権が合肥を攻めたとき、宋謙は一軍を率いて参加した。張遼の奇襲に遭い、宋謙の兵は徐盛の軍と共に逃げ出してしまった。しかし、潘璋が逃げ出した兵2人を斬ったため、宋謙の兵は持ち直した。

222年、劉備が呉に侵攻してきた際に、陸遜の指揮下で朱然・潘璋・韓当・徐盛・鮮于丹・孫桓らとともに五万の軍勢でこれを撃退した。劉備が白帝城に撤退すると、徐盛や潘璋とともに攻撃するよう孫権に上奏するが、陸遜の反対もあり退けられた。


評価

他の人物の伝に付伝されたり、裴松之の注釈でも詳細は来歴は記述されていないため、字や生没年、官位などは不明である。


演義

小説『三国志演義』では方天画戟の使い手として登場する。

208年に孫権が合肥城を攻めた際に、賈華とともに孫権の護衛として出陣する。そして孫権に攻め寄せてきた楽進を迎撃し、楽進が撤退すると追撃するが、李典の放った矢が心臓に命中し戦死することになる。孫権は宋謙の死を嘆き悲しみ、太史慈を仇打ちのため出陣させている。