三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 18人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 5月の出来事
寿春の乱

後漢伝


微崇 子和びすう しわ

姓名微崇
子和
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評学問に精通して多くの人々が集まってきた人物
主な関連人物 歩隲 孫登 
関連年表 不明

略歴

微崇は、字を子和という。もともと姓は李であったが、世の中が乱れるようになると変えた。

『易』や『春秋左氏伝』を治め、加えて讖緯の学にも精通していた。会稽に隠遁して、みずから耕して心のままの生活をおくった。

微崇に心を寄せる者たちがやってきて学問を受けたが、教えるのは数人だけで、それ以上になると弟子入りをことわることにしていた。学生たちの学業が一人のこらず大成するように願って、弟子を多くは取らなかった。

厳畯が、微崇の行いは人々を励ますに足り、その学問は師と仰ぐに足りるとして推挙した。

はじめて太子の孫登に目通りしたときは、病気であるので拝礼をせずともよいという特別の許可を受けた。東宮の官僚たちはみな彼に助言を求め、太子はしばしば、珍しい伝聞があると、微崇の意見を求めた。

年70で微崇は死去した。


評価

微崇が交わりを結んだのは丞相の歩隲といった人物たちで、その交わりはみな心のこもったものであった。