三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 19人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 11月の出来事
陸遜憤死

後漢伝


徐琨 じょこん

姓名徐琨
---
生没年? - 199年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評叔父に孫堅を持ち、孫策と江東を征した人物
主な関連人物 孫策 孫堅 
関連年表 190年 偏将軍となる
196年 丹陽太守となる
197年 督軍中郎将となる

略歴

徐琨といい、呉郡富春県の人である。父は徐眞、母は孫堅の妹、子は徐矯、徐祚、徐夫人(陸尚の妻、後に孫権の妻)らがいる。

孫堅は呉郡冨春の徐眞と親交があり、妹を徐眞に嫁がせた。二人の間に生まれたのが徐琨だった。徐琨は若くして州郡に仕えたが、漢末の騒乱に遭うと孫堅の下で征伐に従事して偏将軍に任じられた。

孫堅の戦死後、孫策に従って、楊州刺史劉繇配下の樊能・于麋を横江に、張英を当利口に討った。しかし、船が足りないので軍を駐どめて、補充しようとした。この時、軍中にいた徐琨の母が、「楊州側が多数の水軍を動員して迎え撃ってくれば、私達は不利になります。このままではいけません。ガマや葦を刈って筏を作り、船と一緒に渡れば良いでしょう。」と教えた。徐琨はこれを孫策に伝えた。孫策は早速、筏を作って渡河し、張英を破り、笮融・劉繇を逃散させ、江南平定の基盤を築き上げた。

当時、袁術は従弟袁胤を丹陽に送り込んで太守にしていた。徐琨は孫策に命じられて袁胤を攻撃、これを走らせた。孫策は上表して彼を領丹陽太守にした。

袁術が帝を僭称すると、孫策は書簡を送って非難し、以後は往来を断った。そして袁術が任じた広陵太守呉景にこのことを知らせると、彼は広陵を棄てて孫策に合流した。呉景は以前、丹陽太守として寛仁な統治を行い、吏民に慕われていたので、孫策は再び彼を丹陽太守に任じた。

徐琨を呼び戻して督軍中郎将に任じた。孫策は徐琨の配下の兵士が多く、その勢力が大きくなるのを嫌う一方で、攻伐を盛んに行なっている時だったので、自分の目が届く所に呼んだのだ。

徐琨は孫策に従って廬江太守李術を打ち破り、広徳候に任じられた。平虜将軍に昇進した。

199年、孫策の黄祖討伐に加わった時、流矢に中って戦死した。享年不明。


見解

徐琨が李術を討ったとあるが、李術の乱は孫策死後のことであり、「孫策」と「孫権」または「李術」と「劉勲」が混同している可能性があるため、黄祖との戦いが具体的にどの戦いを指しているのかは不明である。


演義

『三国志演義』では名が登場しない。