三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 33人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 5月の出来事
呉が晋に降伏

後漢伝


孫河 伯海そんか はくかい

姓名孫河
伯海
生没年? - 204年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評孫堅の腹心で、孫翊の死が災いして殺害された人物
主な関連人物 孫策 孫堅 孫翊 孫桓 孫韶 
関連年表 200年 威寇中郎将・廬江太守となる

略歴

孫河、字を伯海といい、呉郡の人である。子は孫助、孫誼、孫桓、孫俊、甥は孫韶がいる。

孫河は、もともとの姓は愈氏で、この愈氏も呉の人であった。孫策は愈河を寵愛し、孫の姓を賜わって、皇族の一人に加えた。孫堅の族子なのであったので、姑の愈氏の養子となり、のちにまた孫の姓にもどった。

のちに将軍となり、京城にその軍を駐屯させた。

孫河は、実直な性格で、議論よりも行動をたっとび、積極性をもって、自分の職務に力を尽くした。若い時代から孫堅のもとで討伐に従事し、つねに先鋒をつとめた。

のちには孫堅の近衛兵を指揮し、官中のことを取りしきるなど、腹心として信任を受けた。

加えて、孫策のもとでは呉郡・会稽の平定に従事し、孫権のもとでは李術の討伐に従い、李術が敗れると、孫河は、威寇中郎将に任じられ、廬江太守の職務にあたった。

孫権が呉郡太守の盛憲を殺害したときのこと、盛憲がかつて孝廉に推挙した嬀覧と戴員とは、逃亡して山中にかくれてひそんだのであるが、孫翊が丹楊太守となると、この二人を礼をもって招きよせ、嬀覧には大都督として兵士の指揮をまかせ、戴員は郡丞に任じた。

孫翊が殺害されたとき、孫河は、宛陵にかけつけて、嬀覧と戴員とが職務を十分に果たさなかったため、良からざる変事がひきおこされてしまったといって強い調子で責めた。

二人は相談していった、「伯海どのは、孫翊とはそれほど親密でもなかったのに、われわれをこんなふうにまできびしく責められる。孫権がもし来られたならば、われわれ一族は根だやしにされてしまうであろう。」

そこで孫河は殺害された。享年不明。


逸話

孫河が殺害されると、嬀覧と戴員は使者をおくって、北方から揚州刺史の劉馥を迎えて歴陽に留まって牽制してもらい、自分たちは丹楊で反乱をおこしてそれに内応したいと申し入れた。しかし孫翊の張下であった徐元・孫高・傅瑩らが嬀覧と戴員とを殺した。


演義

『三国志演義』では、孫桓の登場時にその父として名前と略歴が出るだけで、物語中には直接登場しない。