三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 29人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 4月の出来事
孫権が病死する

蜀伝


簡雍 憲和かんよう けんわ

姓名簡雍
憲和
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評関羽張飛と並んで同郷の頃から劉備に随従した古参
主な関連人物 劉備 
関連年表 200年 従事中郎となる
215年 昭徳将軍に任命される

略歴

簡雍、字を憲和といい、琢郡の人である。

若いころから劉備と旧知の仲で、つき従って転々とした。

劉備が荊州に赴くと、簡雍は麋竺や孫乾とともに従事中郎となり、つねに劉備の話し相手となり、往来して使者の役をはたした。

劉備が益州に入ると、劉璋は簡雍と会って、たいへん彼を愛した。後に劉備が成都を包囲したとき、簡雍をやって劉璋を説得させた。劉璋はかくて簡雍と同じ輿に乗せて城を出、命に服したのである。劉備は簡雍を昭徳将軍に任じた。

死去没年は不詳である。


人物

のびのびした態度でみごとな論をなし、性格は傲慢・無頓着で、劉備お出ましの席でも、なお足を投げ出して座り脇息にもたれ、だらしないかっこうをして、心のままにふるまっていた。

諸葛亮以下に対しては、自分だけ長椅子を占領し、首を枕にのせ横になったまま話をし、彼らのために気持ちを曲げるようなことはしなかった。

ある人がいった。簡雍の本姓は「耿」という。幽州の人は耿を簡と発音したので、そのまま発音に従って姓を変えたのである。


エピソード

当時旱魃で酒が禁止され、醸造したものは刑罰に処せられたことがあった。役人がある家を捜査して醸造用の道具を没収し、裁判官は酒を作った者と同罪にしようとした。簡雍は劉備と散策に出たおり、一組の男女が道を行くのを見て、「あの者たちは淫らな行為をするつもりです。どうして捕虜なさらないのですか」といった。劉備が「君はどうしてそれがわかったのかね」というと、簡雍は「彼らはその道具をもっています。醸造するつもりの者と同じです」と答えた。劉備は大笑いをして、醸造しようとした者を許した。簡雍の機智は、すべてこういうふうであった。