三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 27人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 6月の出来事
劉備が白帝城で病死

蜀伝


関興 安国かんこう あんこく

姓名関興
安国
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評若くから才能を評価され、諸葛亮から抜擢された人物
主な関連人物 諸葛亮 関羽 関平 
関連年表 220年頃 侍中・中監軍となる

略歴

関興、字を安国という。父に関羽、兄に関平、子は関統、関彝らがいる。

219年、関羽が死ぬと、跡を継いだ。

220年頃、馬良の後任として20歳にして侍中・中監軍に任じられた。例をみない大抜擢であったが、数年後に没した。享年不明。


評価

正史には関羽伝などに僅かながら登場するのみである。諸葛亮からも将来を嘱望された人物であったとされている。

武芸達者なイメージがあるが、馬良の後任であるように、政治にも精通していた人物だったと推測される。


演義

小説『三国志演義』では弟に関索がいる他、関平は関羽の養子で、関興の義兄となっている。

父とともに樊城攻めに出陣していたが、戦果を報告するために戦列を離れていたので難を逃れる。

劉備が関羽の弔い合戦として呉征伐の軍を挙げる際、その先鋒を張飛の子張苞と武芸比べで争う。勝負は互角であったため、劉備の采配で一年年長の張苞を兄、関興を弟として義兄弟の契りを結ぶ事になる。関羽の弔い合戦では全身に白い鎧をまとって出陣。そこで亡き父の霊に助けられ、父の仇の一人である潘璋を斬り青龍偃月刀を取り返している。呉征伐の終盤、夷陵の戦いにおいては劉備を庇い重傷を負うことになる。しかし以後も蜀の将軍として度重なる北伐に参加し、張苞と同じく武器は父の形見である青龍偃月刀を用い、何度か関羽の霊に助けられつつ活躍する。

第4次北伐には病のため参加できず、程なく病没することになっており、諸葛亮はこの訃報を漢中で受け、悲しみのあまり倒れてしまうという描写である。