三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 22人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 6月の出来事
劉備が白帝城で病死

蜀伝


傅彤 ふとう(ふゆう)

姓名傅彤
---
生没年? - 222年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評劉備の退却を助け、殿軍をかって忠義を貫いた武人
主な関連人物 劉備 程畿 傅僉 
関連年表 不明

略歴

傅彤といい、荊州義陽郡の人である。子は傅僉、孫は傅著・傅募らがいる。

222年、夷陵の戦いにおいて、総指揮に当たった馮習や先鋒の張南らが戦死し、蜀兵の死者は数万に埋めていた。このとき、傅彤は劉備の退却を助けるため殿軍をかって出て防戦した。

部下は次々と倒れ、傅彤独りとなった。呉将は彼に降伏を呼びかけると、「呉の狗奴、漢の将軍に降伏する者があろうか」と罵って、ついに戦死した。

劉備は辛うじて白帝城に入ることができた。


演義

『三国志演義』でも、劉備が呉に侵攻した時、趙融や輔匡らと共に別督に任じられる。槍の使い手で、各地で呉軍を破るなど活躍するが、正史同様に大敗を喫し、呉軍から降伏勧告を受ける。その際も正史同様に「わしは漢の大将だ。呉の犬めになど降伏するものか」と言って、呉将の丁奉と百余合も戦って戦死する事になる。

名が「傅肜」(ふゆう)とも表記される。