三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 23人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 6月の出来事
張飛が暗殺される

蜀伝


王甫 国山おうほ こくざん

姓名王甫
国山
生没年?- 222年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評劉備に付き従って東征し、戦死した政治家
主な関連人物 劉備 王士 
関連年表 214年 綿竹の令となる
219年 議曹従事となる

略歴

王甫、字を国山といい、益州広漢郡郪県の人である。子は王祐、従兄は王士がいる。

劉璋時代、州の書佐となった。

劉備が蜀を平定した後、綿竹の令となり、荊州の議曹従事に移った。

劉備の呉征伐に随行し、蜀軍が秭帰で敗れた際、殺害された。


評価

人物評価や議論を好んだ。

立派な風格をもち、心ばえよく、蜀の誉れとなる人であった。


演義

『三国志演義』では、随軍司馬として関羽の補佐をつとめる。

荊州を狙う孫権軍や、荊州守備を担当する配下の糜芳・傅士仁・潘濬に警戒して、趙累を起用するよう進言した。

しかし関羽は特に心配せず、これらの言を採用しない一方で、有事に備えるために烽火台を作るよう王甫に命令していた。その後、呂蒙により烽火台は押さえられ、荊州は陥落し、関羽は、王甫の諫言を聞かなかったことを悔やむことになった。

王甫は麦城から逃れ出ようとする関羽に対して、間道は伏兵の危険があるため、街道を進むべきと諌めた。しかし、またしても関羽はこれを聞こうとしなかった。仕方なく王甫は、周倉と共に麦城の留守を守ることになった。

王甫の案じたとおり関羽は伏兵に捕われて、殺されてしまった。孫権軍により掲げられた関羽・関平父子の首級を見た王甫は、その後を追って櫓から身を投げ、自殺した。