三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 40人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 12月の出来事
呂布、曹操に敗れ処刑される

蜀伝


高翔 こうしょう

姓名高翔
---
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評主に諸葛亮の北伐で活躍し、蜀を支えた武人
主な関連人物 劉備 諸葛亮 
関連年表 231年 督前部・右将軍・玄都侯となる

略歴

高翔といい、字も出身地も不明である。

219年、劉備が漢中に進軍したとき随行して、高翔は陽安関に駐屯した。後に、魏の曹真は徐晃とともに陽安関を攻撃してきたので、これを防ごうとしたが敗退した。

227年、諸葛亮の北伐に随行し、馬謖に付き従って街亭に赴いた。高翔は王平とともに後方の列柳城を守った。馬謖軍が司馬懿に敗れたため、王平とともに撤退したが、郭淮の攻撃を受け敗退した。

231年、魏延、呉班らとともに司馬懿を攻撃して、これを大いに破り、敵の首級を三千・鎧を五千・三千百の弩を得た。高翔は、功績をあげて督前部・右将軍・玄都侯に封じられた。

諸葛亮は李厳の官位を剥奪し、梓潼へ流罪とした。このとき上奏文に名を連ねた。


見解

伝もなく、『季漢輔臣賛』にもその名はみられない。諸葛亮伝、曹真伝、郭淮伝などに名がしばしば登場している。

「高詳」、「高祥」という名でも知られている。