三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 48人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 10月の出来事
劉備、荊州全土掌握

蜀伝


王謀 元泰おうぼう げんたい

姓名王謀
元泰
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評後年、州で王謀の後を継ぐ人物はいないと言わしめた政治家
主な関連人物 劉備 諸葛亮 蔣琬 
関連年表 214年 別駕となる
219年 少府となる
223年 太常となる

略歴

王謀、字を元泰といい、漢嘉郡の人である。

劉璋時代、巴郡大守となり、帰還して州の治中従事となった。

214年、劉備は益州を平定し、牧を兼任した際、王謀を別駕とした。

219年、劉備は漢中王となると、荊楚の名族で零陵出身の頼恭を太常に、南陽出身の黄柱を光禄勲に、王謀を少府に起用した。

220年、許靖、諸葛亮らと共に、劉備に即位するよう願う上奏文を奉呈した。

223年、関内侯の爵位を賜り、のちに頼恭に代わって太常となった。


評価

後年、大将軍の蔣琬が張休に「漢嘉郡の先輩に王元泰という者がいたが、現在彼のあとを継ぐ人物は誰か」とたずねると、張休は「王元泰ほどの者は州でもあとを継ぐ人物はおりません。まして私の郡では、とても、とても」と答えた。彼が重んじられていたのは、これほどのものであった。

陳寿の評によると、動作は礼にかない品行が正しかった。しかし、王謀の事跡が伝わってないため、伝が作られなかった。


演義

『三国志演義』では、劉備の即位時に名前が登場しているのみである。