三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 45人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 8月の出来事
孫権が呉王となる

蜀伝


夏侯蘭 かこうらん

姓名夏侯蘭
---
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評博望で生け捕りにされ、趙雲の好みで軍門に降った武将
主な関連人物 劉備 趙雲 
関連年表 208年 軍正となる

略歴

夏侯蘭といい、冀州常山郡の人である。

208年、夏侯惇に随従して博望で趙雲と交戦して、夏侯蘭は生け捕りにされた。夏侯蘭は趙雲と同郷の人で、幼少のころからの知り合いであった。

趙雲は劉備に申し上げて夏侯蘭の命を助けてやり、夏侯蘭を法律にくわしい者と推薦して、軍正にした。

以後、趙雲は自分から夏侯蘭に接しようとしなかった。


演義

『三国志演義』でも、夏侯蘭は夏侯惇の副将として博望へ向かった。

諸葛亮の策にはまって夏侯惇が大敗した際、夏侯蘭は韓浩と共に糧秣を守ろうとした。しかしその途中で張飛と出くわしてしまい、夏侯蘭は数合もしないうちにその一撃を受け、馬上から突き落とされた。


見解

劉備に降伏してからの一切の記述はなく、また、夏侯惇の部下であるとされており、夏侯一族であるかも不明である。