三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 46人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 10月の出来事
官渡の戦い

後漢伝


孔伷 公緒こうちゅう こうしょ

姓名孔伷
公緒
生没年生没年不詳
所属後漢
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評董卓が優遇して任用した一人であり、義勇軍に参加した人物
主な関連人物 董卓 橋瑁 劉岱 許靖 
関連年表 189年 豫州刺史となる

略歴

孔伷、字を公緒といい、陳留郡の人である。

189年、大将軍何進と中常侍が争って、隙をみて董卓が中央政権を握ると、名士を優遇して任用し、周毖の奨めで孔伷は豫州刺史に任じられた。

もともと董卓には不信感を抱いていて、忠実なふりをして任務に就いていた。董卓と折り合いが悪くなって逃亡した許靖は、従兄許瑒を頼って豫州に向かって、孔伷は彼をかくまって保護した。

190年、董卓征討の義勇軍が起こると、孔伷は劉岱、橋瑁らとともにこれに参加した。豫州からの兵を臧洪に預けた。

その後、死去した。享年不明。


評価

当時、議郎の鄭泰によると、孔伷は清談が得意で「孔伷が語りかければ枯れた木も花を咲かす」とまでいわれたものの、軍事が不得意であった、としている。

董卓征討のその後、消息は一切不明である。豫州の任用で袁紹と袁術が争い、許靖は江南へ難を逃れたとされているので、190年あたりに死去したのではないかと推測される。また、どのような死に方をしたかも不明である。