三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 19人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 9月の出来事
淮水の戦い

後漢伝


孫翊 叔弼そんよく しゅくひつ

姓名孫翊
叔弼
生没年184年 - 204年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評孫策の跡継ぎとして有力視され、期待された将軍
主な関連人物 孫権 孫策 
関連年表 203年 偏将軍・丹楊太守となる

略歴

孫翊、字を叔弼といい、孫堅の三男で、孫策、孫権の弟である。子は孫松がいる。

勇猛果敢で、兄の孫策の風格があった。太守の朱治が孫翊を孝廉に推挙し、司空の府から出仕するよう招かれた。

203年、年二十歳で偏将軍として丹楊太守の職務にあたることになった。

204年、孫翊は、元盛憲配下の媯覧と戴員を重用したが、二人が辺鴻と親交を結んだことを叱責した。ある日、妻の徐氏が止めるも聞かずに宴会に出席した。思いがけなくも媯覧・戴員は辺鴻と共謀し、孫翊は殺された。


評価

孫翊は、武勇に優れていたことをいいことに傲慢な振る舞いが多く、酒に酔うと粗暴な振る舞いが多かったため、それを恨まれていたために殺された。

『典略』によると、孫翊は、本名は儼(げん)といい、その性格は孫策に似ていた。孫策の臨終のとき、張紹らは孫策に対し、兵馬の権を孫翊に託されるべきだ、と申し述べたが、孫策は孫権を呼んで、彼に印綬を帯びさせた。