三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 35人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 12月の出来事
劉備の政略結婚

魏伝


戯志才 ぎしさい

姓名戯志才
---
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評曹操の相談役として正史のみ登場する謎の人物
主な関連人物 曹操 荀彧 
関連年表 196年 荀彧に推薦される

略歴

戯志才といい、豫州潁川郡の人である。

曹操が許昌にて献帝を擁した際に、策略に優れた人物として荀彧に推薦された。曹操は戯志才をみて重用して、常に相談役とした。

しかし早くに亡くなってしまい、曹操はその死を嘆いた。


評価

曹操は、戯志才の死を惜しみつつ荀彧に手紙を送り「彼が死んで策略を相談できる相手がいなくなった。貴公の出身である潁川には優れた人物が多い。誰か彼を継ぐ人物はいないか」と問うと荀彧は、郭嘉を推薦した。

荀彧は、『世俗との交流を持とうとはしなかった』ととしている。


見解

正史にも荀彧伝、郭嘉伝にその名がでる程度で、謎な人物である。

戯志才という名の『志才』は、実際には名であるか字であるか不明である。また、姓の『戯』も非常に珍しいとされる。