三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 22人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 7月の出来事
郭嘉が病死する

後漢伝


陳武 子烈ちんぶ しれつ

姓名陳武
子烈
生没年? - 215年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評孫権に寵愛受け、合肥の戦いで戦死した武将
主な関連人物 孫権 孫策 
関連年表 200年 五校尉隊長となる
215年 合肥の戦い

略歴

陳武、字を子烈といい、盧江郡の松滋の人である。子は陳脩、陳表がいる。

孫策が寿春にいたとき、陳武は出かけていって孫策に拝謁した。このとき、彼は年が十八で、身の丈が七尺七寸(185センチ余)あった。そのまま孫策のもとに留まって、いっしょに長江を渡ると、各地を討伐して手柄を立て、別部司馬に任ぜられた。

孫策が劉勲を破ると、盧江の人々が多く捕虜となったが、その中から精鋭を選りすぐって軍団を作り、陳武をその指揮官に任じた。この軍団は向かう所、敵がなかった。

孫権が呉の勢力の総指揮にあたることになると、陳武は、五校尉(首都防衛の機動隊)の目付け役に転じた。

陳武は、他人に対する思いやりが篤く気前も良かったので、同郷の者や遠方から流離してきた者たちが、多数、彼のもとに身を寄せた。孫権から特別の寵愛を受け、孫権は幾度も彼の家を訪れた。

しばし功労あって、位は偏将軍にまで昇った。

215年、合肥を攻撃に参加し、命をまとに奮戦の中で戦死した。孫権は、彼の死を哀惜し、親しくその葬儀に臨席した。


評価

孫権は命令を出してその愛妾を殉死させ、また小作人二百戸の租税を免除した。

孫盛がいう。昔、三人の立派な人物が秦の穆公に殉死すると、秦の軍隊はこれが原因で東方に兵を進めることができなくなった。また、魏君の愛妾は殉死をまぬがれて再婚することができたが、杜回は、これがために草に足を取られて捕えられ、魏軍は勝利をおさめることができた。殉死をめぐっての禍と福との報いは、こんなふうにもはっきりしているのである。孫権は、権謀術策を弄し、生きた妾を死んだ陳武につき従わせた。呉王朝の子孫が長く続かなかったのも、当然のことではないか、としている。


演義

小説『三国志演義』では、周瑜の旧知の人物として登場し、劉ヨウ軍を城内から攻撃し大いに破った。孫策と対面したときは、黄色い顔に赤い瞳という容貌と描かれている。その後、劉ヨウの残党の張英の攻撃にも参加し、張英を討ちとっている。

その後も孫策、孫権に従い各場面で武将として活躍する。劉備が孫夫人との婚礼のため呉に赴いたとき、身の危険を感じ孫夫人と逃走を図る劉備の追撃の任に潘璋とともにあたっているが、張昭は二人では心もとないと述べ、実際に孫夫人の迫力に圧倒され一時引き返している。

戦死の描写もあり、孫権軍が曹操との戦いで苦戦する中、曹操の新参の猛将であるホウ徳と遭遇し、一騎打ちに及んだ末、枝に服が引っ掛かって身動きが取れなくなったところを斬られたことになっている。孫権は戦後、同じく船を守って溺死した董襲とともに陳武の遺骸を探し出させて二人を丁重に葬った。