三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 30人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 4月の出来事
孫権が病死する

後漢伝


凌操 りょうそう

姓名凌操
---
生没年? - 203年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評孫策の旗揚から随行し、常に先鋒を任された武人
主な関連人物 孫権 孫策 甘寧 凌統 
関連年表

略歴

凌操といい、呉郡余杭の人である。子は凌操がいる。

孫策が兵を興すと、凌操はつねにその配下として征伐に加わり、いつも先に立って敵の刃を犯して戦った。永平県の長に任命された。不服従民の山越を討伐して功績により破賊校尉に昇進した。

200年、孫策が亡くなると、孫権に仕え、軍勢を預かって総司令官となった。

203年、孫権が黄祖を征討しようと進軍して、凌操は先鋒を任された。黄祖配下の甘寧と戦ったが、矢に当たって戦死した。享年不明。


評価

剛毅果断な人物で武勇に優れて、つねに先頭を駆けていた。


見解

凌操の死は、甘寧伝では射殺されたとあるが、凌統伝には流れ矢に当たって戦死したとある。