三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 22人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 6月の出来事
張飛が暗殺される

蜀伝


向寵 しょうちょう

姓名向寵
---
生没年? - 240年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評公平で軍事に精通し、劉備・諸葛亮に認められた人物
主な関連人物 劉備 諸葛亮 向朗 
関連年表 223年 都亭侯となる
227年 中領軍となる

略歴

向寵といい、襄陽郡宜城県の人である。向朗の甥で、弟は向充がいる。

劉備に仕え、牙門将軍となった。夷陵の敗北の際に、向寵の軍営だけはひとり無傷であった。

223年、都亭侯に封じられ、のちに中部督となり近衛兵を指揮した。

227年、諸葛亮に推挙され、中領軍に昇進した。

240年、漢嘉郡の蛮族を征伐した際、戦死した。享年不明。


評価

諸葛亮は北征にあたって、劉禅に上表して、「将軍向寵は、性格・行動が善良・公平であって、軍事に通暁しております。以前試みに任用されまして、先帝(劉備)は彼を有能だとおほめになりました。だからこそ多数の意見に従って、向寵を司令官に推挙したのです。私の考えでは、軍事の事柄はすべて彼に諮問なさったならば、必ず陣営内をむつまじくさせて、優劣それぞれしかるべき地位を得ることになりましょう」と述べた。


演義

小説『三国志演義』においても諸葛亮の信任する人物の一人として、出師の表に名があげられている。