三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 28人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 6月の出来事
劉備が白帝城で病死

蜀伝


陳到 叔至ちんとう しゅくし

姓名陳到
叔至
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評忠義を貫き、勲功を挙げて名声・官位が趙雲に次ぐ人物
主な関連人物 劉備 劉禅 李厳 
関連年表 223年 永安都督・征西将軍となる

略歴

陳到、字を叔至といい、豫州汝南郡の人である。

豫州の時代から劉備に随行した。

223年、永安都督・征西将軍に登り、亭侯に封じられた。

226年、前将軍の李厳が永安から江州に陣営を移動したが、陳到は引き続き永安に駐留し、守備を継続した。


評価

名声・官位ともにつねに趙雲の次にあり、忠節勇武な人物としてたたえられた。

陳寿が『蜀書』を編纂する際に使えた資料は、かなり少なかった。蜀の名臣を讃える楊戯の『季漢輔臣賛』では、陳到の忠節を評価している。


見解

豫州時代から劉備に付き添った古参であるが、正史での明確な記述は少ない。蜀では史官をおいていなかった為、記録が散逸しており、活躍した記録が一切見当たらないため、謎の人物でもある。また『三国志演義』にもその名が登場しない。

諸葛亮が北征を行う際に、国内の守備を任せた一人でもある。信頼も厚く、また能力も高かったことがうかがえる。