三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 47人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 10月の出来事
孫堅が戦死する

魏伝


曹昂 子侑そうこう しゆう

姓名曹昂
子侑
生没年? - 197年
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号愍王
伝評父曹操に自らの馬を差し出して危機を救った長男
主な関連人物 曹操 典韋 
関連年表 不明

略歴

曹昂、字を子侑といい、曹操の長男である。弟は曹鑠、異母弟は曹丕、曹彰、曹植、曹熊、曹沖、曹拠、曹宇、曹霖、曹袞などがいる。

二十歳で孝廉に推挙された。

197年、曹操につき従って南方征討に赴き、張繍を降伏させた。曹操は張済の未亡人と密通してたので、張繍は激怒して奇襲をかけた。

曹昂は父曹操を無事に逃すため、自らの馬を差し出した。そのため曹昂は張繍の軍に攻撃され殺された。享年不明。


逸話

曹昂の死を知った母の丁氏(丁夫人)はこれを恨み、自ら離別して実家に戻った。曹操は丁氏に深く謝罪したが、丁氏は二度と曹操の下へ戻らなかった。

『魏略』によれば、弟の文帝(曹丕)は「兄の子脩(曹昂)が生きていても限界があったが、(天才的な才能の持ち主だったと言われる)弟の倉舒(曹沖)が生きていたら、私は父の後継者にはなれなかっただろう」と語っていた。