三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 29人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 6月の出来事
張飛が暗殺される

魏伝


孫観 仲台そんかん ちゅうだい

姓名孫観
仲台
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号粛侯
伝評賊を討伐して臧覇に次ぐ功績を得た将軍
主な関連人物 曹操 臧覇 
関連年表 184年 騎都尉となる
198年 呂都亭侯となる
205年 青州刺史となる
213年 仮節となる

略歴

孫観、字を仲台といい、泰山郡の人である。兄は孫康、子は孫毓がいる。

臧覇とともに兵を起こし、黄巾賊を討伐し、騎都尉に任命された。

曹操は呂布を撃ち破ると、臧覇に孫観兄弟を招かせ、彼らを皆手厚く処遇した。臧覇とともに戦闘に参加し、孫観は常に先陣をうけたまわった。

青・徐の賊どもを征伐平定し、功績は臧覇に次ぎ、呂都亭侯にとりたてられた。

曹操と南皮でおちあったが、子弟をギョウに行って住まわせた。曹操は孫観を偏将軍に任命し、青州の刺史に昇進させた。

付き従って孫権を濡須口に征伐し、節を与えられた。孫権攻撃のとき、流れ矢が命中し、左足に傷を負ったが、力の限り戦って顧慮しなかった。

曹操はねぎらって、「将軍は深く重い傷を受けているのに、勇猛の気をいっそうふるい立たせているが、国のために我が身をいとおしむべきではないかね」といった。

振威将軍に転任したが、傷がひどく、けっきょくは亡くなった。享年不明。


演義

『三国志演義』では、当初臧覇の部下ではなく、呉敦・尹礼・昌豨と共に泰山の山賊として扱われている。曹操と呂布の最終決戦に際して、呂布と同盟を結び蕭関を守備したが、曹操軍に敗れてしまう。呂布滅亡後、臧覇の説得を受け曹操に降伏するが、その後は作中に登場しない。


逸話

『魏略』によれば、「嬰子」という別名も有していた。