三国志による三国志好きのための三国志総合情報サイト

登録人物伝 326 名 | 22人が閲覧中

三国志.jp[三国志総合情報サイト]
月間キーワード 6月の出来事
張飛が暗殺される

蜀伝


郭攸之 演長かくゆうし えんちょう

姓名郭攸之
演長
生没年生没年不詳
所属
能力 統率:  武力:  知力:  計略:  政治:  人望:
推定血液型不明
諡号---
伝評出師の表において上奏し、費禕・董允と同列に評価された人物
主な関連人物 諸葛亮 費禕 董允 
関連年表 223年 長水校尉となる
224年 黄門侍郎となる

略歴

郭攸之、字を演長といい、荊州南陽郡の人である。

223年、劉禅が即位すると長水校尉に任命された。

224年、費禕・董允と共に、黄門侍郎に任命された。

227年、諸葛亮の出師の表で、費禕・董允らと同列にその名を挙げて上奏した。


評価

出師の表では、「素直で真心があり(「良実」)、志は純粋である(「志慮忠純」)とし、損益を斟酌して忠言を尽くすのはこの3人である」として諸葛亮は評価している。

しかし、侍中の廖立は「中郎の郭演長は人に付き従うのみの男で、大事を謀るには能力が不足しているくせに、侍中になっている」と酷評している。

郭攸之は穏やかで素直な性格であるがゆえに、侍中の官位に留まるのみであった。そのため、劉禅に忠言を奉る役割は全て董允が担った。

劉備時代の事跡が一切不明であるが、費禕、董允らとともに抜擢された人物である。


演義

『三国志演義』でも出師の表で名が登場するだけである。